エネファースト株式会社
TEL:03-6408-6291
お問い合わせはこちら エネファーストについて

グリーン投資減税とは

グリーン投資減税

青色申告書を提出する法人が、平成23年4月1日から平成26年3月31日までの間に、エネルギー起源CO2排出削減または再生可能エネルギー導入拡大に相当程度の効果が見込まれる設備等の取得等をして、これを1年以内に国内にある事業の用に供した場合には、取得価格の30%の特別償却(中小企業者等については、取得価格の7%の税額控除との選択適用)ができる措置を講じます。
ただし、税額控除額については当期の法人税額の20%を限度とし、控除限度超過額については1年間の繰り越しができることとします(所得税についても同様とします)

※「グリーン投資減税」は、「エネ革税制」の廃止に伴い、それに代わるものとして平成23年度の税制改正大綱に創設が盛り込まれておりましたが、今回の法案では同時並行で進められることとなりました。

グリーン投資減税創設の目的

グリーン投資減税は、2011年6月に閣議決定された「エネルギー基本計画」及び「新成長戦略」を踏まえ、エネルギー安定供給の確保と低炭素成長社会の実現を目指すために、最新の技術を駆使した高効率な省エネ・低炭素設備や再生可能エネルギー設備への投資を重点的に支援する目的で創設されました。

グリーン投資減税創設の目的のイメージ図
【概要】エネルギー起源CO2排出削減または再生可能エネルギー導入拡大に相当程度の効果が見込まれる設備等の取得等をして、これを1年以内に国内にある事業のように共した場合には取得価格の30%の特別償却(中小企業者等については、取得価格の7%の税額控除との選択適用)ができる措置を講じます。

グリーン投資減税を適用した場合の試算例

ここでは、50kWの容量を設置した場合の投資金額に対しての税制優遇について算出しています。
数字はあくまで例ですので、参考程度にお考えください。

グリーン投資減税を適用した場合の試算例のイメージ図
TEL:03-6408-6291/営業時間:平日9:30〜18:30/メールでのお問い合わせはこちら