エネファースト株式会社
TEL:03-6408-6291
お問い合わせはこちら エネファーストについて

地域別年間予測発電量

太陽光発電で得られる発電量はだいたいどのくらいでしょうか。
発電量によって、売電で得られる金額も違ってきます。

まずは、下の地域別年間予測発電量の図をご覧ください。

地域別年間予測発電量

地域別年間予測発電量からわかること

上の図から、地域の発電量を見比べてみると、北海道から沖縄県まで、発電量に大きな差がありません。
なぜでしょうか。

冬に雪が降る地域は太陽光発電に不利なのでは、と思われがちなのですが、年間予測発電量を見てみると実際大差はありません。
月別にみてみると、地域によって発電量に差がある場合もありますが、太陽光発電システムは数年規模のビジネスですから、年間発電量単位で考えることが大切です。

北海道は雪国ですから、冬にはたくさん雪が降りますが、北海道には梅雨はありませんし、他の地域と比べて台風も少ないです。
これに比べて西日本は梅雨や台風が多い時期などがありますから、冬にも安定して発電できる一方で、雨や曇りの日も多いのです。

さらに、夏至に北海道の日の出が4時頃なのに対し、沖縄県の日の出は6時頃と2時間も違いますが、日の入りはわずか20分程度しか違いません。
つまり夏は北海道の方が日が出ている時間が長いのです。

こうしてみますと、全国の地域別発電量に極端な差はないことがわかります。
よって太陽光発電システムは、地域を問わずお勧めできます。

TEL:03-6408-6291/営業時間:平日9:30〜18:30/メールでのお問い合わせはこちら